ノルレボは日本の製薬会社が販売する緊急避妊薬です。
ノルレボの有効性は国際的に認められていて、世界保健機構のWHOでは緊急避妊の必須薬であるエンシャルドラッグに指定されています。
ノルレボの有効成分はレボノルゲストレルで、このレボノルゲストレルは女性ホルモンの「黄体ホルモン」で主に2つの効果を発揮することが可能です。
アイピルなどのアフターピルは服用することによって排卵抑制することができ、受精卵の子宮内膜の着床を防ぐことができます。
性行為後でも妊娠を防止することができるので幅広い世代の人が利用している医薬品です。
排卵抑制することによって受精を防ぐことができたり、子宮内膜の増殖を予防することで受精した場合でも定着しにくくできます。
ノルレボの添付文書にはできるだけ早く服用することをすすめていて、服用するタイミングによって避妊成功率に影響がでる可能性があるからです。
基本的にノルレボは24時間以内の服用が理想的とされていて、性交後72時間以内服用するのと比べるとその効果は落ち込みますが、72時間が経過しても一定の避妊効果は期待されています。
ノルレボを服用する際、念のためクリニックを受診し服用を相談すると良いでしょう。
ノルレボは受精卵を作らせなかったり受精卵を着床させないという両面から効果を発揮することができる医薬品で、そのため排卵日や危険日の違いから避妊成功率が変わることはないと言われています。
ノルレボの飲み方は性交後72時間以内に経口投与します。
ノルレボは多くの場合避妊に失敗したと気付いた人は翌日に婦人科に行って処方してもらっている薬です。
尚、服用時は薬の成分をきちんと吸収するために水やぬるま湯と一緒に飲むようにしましょう。
ノルレボを空腹時に飲むと副作用の吐き気がある可能性があるので、吐き気を気にする人は食後に飲むとおすすめです。
もし吐いてしまったなら服用後2時間以内の場合は再服用を行うことができるでしょう。

ノルレボのジェネリック版アイピル

アイピルは緊急避妊薬として世界的に標準となっているノルレボのジェネリック医薬品です。
ノルレボと同じ成分で避妊効果が高く、副作用の少なさはノルレボと一緒で、一般的なクリニックではノルレボの処方が多いようでアイピルを扱っているところは少ないようです。
クリニックでアイピルが欲しい時、電話などでアイピルを取り扱っているか確認すると良いでしょう。
アイピルには服用するタイムリミットがあるので、必要な状況になってからクリニックを探していると手遅れになることもあるので注意が必要です。
普段からアイピルを扱っているクリニックを把握しておいたり、インターネットでお守り替わりに購入しておくことをおすすめします。
病院で処方される場合費用は10,000円前後になることが多く、ジェネリック医薬品なのでノルレボよりは少し安く設定されています。
アイピルなどのモーニングアフターピルの場合保険適用外の医薬品になるので、価格に関して病院が自由に設定することが可能です。
病院で処方してもらうなら薬はもちろん診察料や検査料などが加算されるので、その結果コストが高くなるでしょう。
アイピルを服用する際いくつか注意する点があり、例えばビタミンCの過剰摂取には注意が必要です。
アイピルと同成分であるノルレボはビタミンCと一緒に過剰に摂取することから血栓症のリスクが高まる可能性があり、頭痛や眠気、倦怠感や不正出血なども起こる可能性があります。
医師の指導の元アイピルを服用すると安心で、何かしら異変を感じたら医師に相談することをおすすめします。
一度医師から処方されたなら、次回からはインターネットにある店舗で同じものを安心して注文することが可能です。