個人差はありますが、生理痛で辛い思いをしている女性はたくさんいます。
こう言う時は、鎮痛剤を飲むと良いでしょう。
本当に効果があるのか不安に思うかもしれません。
鎮痛剤のパッケージを見てみると、生理痛と書いてありますので、辛い時は早めに飲んでみてください。
生理痛の主な原因は、プロスタグランジンの過剰分泌です。
プロスタグランジンは子宮を収縮させて経血を体外へ排出する働きがあります。
しかし、多すぎてしまうと腹痛や頭痛、吐き気などの症状が出ます。
鎮痛剤にはプロスタグランジンに働く成分が入っているので効果が期待できるわけです。
イブプロフェンやロキソプロフェンはプロスタグランジンの分泌を抑制することができます。
適切な量だけ分泌されるようになるので辛い症状を鎮められます。
イブプロフェンやロキソプロフェンが処方された鎮痛剤はいくつもありますが、中でも子宮への移行性が高い方が良いです。
早く効くと謳っている鎮痛剤の場合は、子宮への移行性が高いので毎月辛い症状がよく起こる人には向いているかもしれません。
医師が処方する生理痛の薬にもイブプロフェンやロキソプロフェンが入っています。
以前は市販されていませんでしたが、今ではロキソプロフェンが入っている鎮痛剤を手軽に手に入れることができるようになりました。
他のロキソプロフェンが入っていない鎮痛剤ではあまり効果が出ない人が使うことが多いです。
偏頭痛や歯痛など身体中のいろいろな痛みを沈めてくれる効果がありますし、常備しておくと良いかもしれません。
人によっては生理痛があまりにもひどくて何も手につかなくなってしまうことさえあります。
これまで我慢していた人は、我慢しないで鎮痛剤を飲んで見てください。
痛くなりそうだと思ったらすぐに飲むことがポイントです。
早めに飲まないとあまり効果が出なくなる恐れがあるので要注意です。
生理が来たら飲む習慣が付いている人もいるので安心して飲んでみてください。

効果的な医薬品の見つけ方

ドラッグストアへ行くと、たくさんの種類の鎮痛剤が並んでいるために、自分にはどれが合っているのかがよくわからないかもしれません。
鎮痛剤の中にはカフェインが入っていることがあります。
トイレが近くなることがあるかもしれませんので、気をつけましょう。
トイレだけではなく、冷えが気になる人も避けた方が良いでしょう。
また、胃が弱い人にもおすすめできませんが、眠くなると困る人にはおすすめです。
イブプロフェンは比較的副作用が少ないので多くの人が使っています。
しかも、効き目が強いのでアスピリン系であまり効果がなかった人は試してみると良いでしょう。
また、胃が弱い人ならばロキソプロフェンが入っている鎮痛剤がおすすめです。
胃の負担が小さくて済むので、胃が痛くなるようなことはないはずです。
しかも、効き目が早いので辛い生理痛の症状が出ていても早く楽になるでしょう。
とにかく早く効いてもらわないと困る場合は、イブプロフェンかロキソプロフェンにしましょう。
どちらも子宮への移行性が高いので早く効くからです。
ドラッグストアでもこれらが入っている鎮痛剤を見ることが多いのは移行性の高さもあるかもしれません。
以上のポイントを頭に入れておけば、自分に合っている市販の鎮痛剤を手に入れることができるはずです。
同じような名前であっても、イブプロフェンやロキソプロフェンの量が違うので、生理痛がどれくらい辛いのかによって考えてみてください。
最初はあまり多く入っていない方が良いでしょう。
あまり効果がないと思ったら強めの鎮痛剤に変えるようにすれば、自然と自分に合っているのはどれかがわかります。
知識から判断するだけではなく、実体験からも見分けてみてください。