超低用量ピルでもあるヤーズは月経困難症を軽減させる目的で開発された薬です。
ヤーズは低用量ピルよりもエストロゲンの量がさらに少ないので、副作用の心配がほとんどありません。
低用量ピルの場合、エストロゲンの量は0.03から0.04mg程度なのですが、ヤーズに含まれているエストロゲン量は0.02mgですので、かなりの低用量です。
ヤーズに含まれている黄体ホルモンは日本で初めての合成ホルモンであるドロスピレノンが使用されており、人の自然の黄体ホルモンの働きとよく似た作用があるため、副作用が出にくいという特徴もあります。
ヤーズは海外では避妊薬として使用されているのですが、日本では避妊薬としての使用認可が下りていませんので月経困難症の改善薬として使用することが出来ます。
むくみなどの副作用も出ませんので他の薬でむくみなどが出た方もヤーズであれば安心して使用することが出来るでしょう。
ヤーズは超低用量ピルとして使用する以外にも、ドロスピレノンという成分には男性ホルモン抑制作用があるため、にきびや多毛症の改善にも効果があります。
海外ではPMSやにきびの治療薬としても認可されてている薬です。
合成ホルモンであるドロスピレノンという成分には月経困難症の症状がある場合、医師の診断によって薬が保険適用になります。
月経困難症は月経開始前や月経開始とともに、精神的にイライラしてしまったり、鬱状態になってしまったり、下腹部が痛くなってしまったり、腰痛や眠気、頭痛などの症状が現れます。
人によっては日常生活に支障が出てくる場合もありますので、このような症状が出ている方は婦人科で相談するとヤーズを処方してくれますので、医師の指示に従って服用するようにしましょう。
ヤーズの服用の仕方は1シートが28日分です。
生理初日から1日1錠28日間内服します。
28錠のうちホルモンが含まれているのは24錠で4錠は偽薬になっています。
偽薬を飲むことによって休薬期間を設けることができ、すり抜け排卵を防いだり、頭痛などの副作用を抑制する効果があります。

ヤーズには避妊効果もある

日本ではヤーズは月経困難症の治療薬として製薬会社が厚生労働省に保険適用の薬として申請したため、月経困難症の薬として用いられているのですが、海外の多くの国では超低用量ピルとして使用されています。
ヤーズは休薬期間に生理が来て3週間の服用期間と1週間の休薬期間があります。
避妊目的でヤーズを服用する場合は生理の初日から服用し始め、28日間の服用期間内に飲み切りましょう。
飲み忘れがないようにシートには服用の順番が記されていますので、順番通りに服用する必要があります。
避妊効果は生理初日から飲み始めた場合は飲み始めた時から効果があります。
毎日同じ時間帯に服用するようにしますが、誤差は4時間以内までなら大丈夫です。
1シートが28日シートで1シート飲み終えたら29日目は次のシートを飲み始めていきます。
休薬期間中の効果については、前のシートを忘れずに飲み続けていれば休薬期間中ももちろん効果がありますので心配することはありません。
生理初日の日は月経量が少ないため、はっきりしない場合がありますが、生理2日目や3日目から飲み始めても効果に影響がでません。
ヤーズは1錠あたりのホルモン量が他の避妊薬と比べると少ないので、女性ホルモン剤を服用する期間が通常の薬よりも長くなります。
1日飲み忘れた場合で14日間ヤーズを服用していた場合は気づいた時にすぐに服用すれば避妊効果は持続しています。
2日飲み忘れた場合で15日から24日まで使用していた場合は、7日間は避妊効果がなくなっているため別の避妊方法を行わなければなりません。
3日以上飲み忘れた場合は、7日間別の避妊を行い、新しいシートを新たに飲み始めた方がよいでしょう。